Home > 紫雲膏 > 紫雲膏

紫雲膏

紫根を知ってる方なら殆どの方がご存知かと思いますが
紫雲膏という軟膏がございます。
今回、その紫雲膏を作るにあたり
簡単ではございますが、紫雲膏についてアレコレと書いてみようと思いますです。

紫雲膏を創案したのは華岡青洲<1760-1835>という
その道では言わずと知れた有名なお医者サンであります。
青洲さん、中国の外科正宗という本に載っている潤肌膏という薬から
ピカーッ☆と閃き、そのレシピに豚脂も入れたらイイんぢゃね??と思ったんですね
それが紫雲膏の出来た経緯です。
っていうのは、ちょっと面白おかしく大げさに言っておりますが
でもまぁ、大まかな話はそんなトコらしいです。
ちなみに、豚脂には(ようはラードですわね)
オレイン酸・パルミチン酸・ステアリン酸などの脂肪酸が含まれているそうですが
凡人のワタシが思うに、
青洲サン、なんでラード??
胡麻油の脂肪酸で充分ぢゃね?
ってか、胡麻油最強ぢゃん!って感じなのですが。
まぁ、凡人が思う事ですからして
やんわりとスルーしてください。


■紫根について

青洲サンが作ってた当時は、ムラサキという植物(東北紫草とも呼ぶ)の根っこで
硬紫根と呼ばれるモノを用いておりましたのですが
現在では絶滅危惧種に指定される程に数が減っており、日本では殆ど採れませんし、
栽培も非常に難しい植物だったりする事から
もっぱら中国からの輸入に頼っているのが現状です。
んでもって、当然の事ながら
中国でも良質の硬紫根が消えつつあり、入手するのが難しくなって来ているとのこと。
(中国では栽培もされているらしいですが、質はよくわかりません)
そこで登場するのが、同じムラサキ科の植物の西洋ムラサキ(西北紫草とも呼ぶ)です。
この西洋ムラサキの根を軟紫根と呼び
硬紫根とは区別をしているのですが
最近では、軟紫根にも硬紫根と類似のナフトキノン誘導体(シコニン・アセチルシコニンなどの紫色色素)が含まれている事がわかり、
紫雲膏を作っている製剤メーカーの多くが軟紫根を使う様になりました。


■紫雲膏500gの作り方

【材料】

胡麻油 500ml
当帰   30g (大和産がいいらしい)
紫根   60g
豚脂   20g
黄蝋  170g (未精製の蜜蝋)




1.胡麻油を加熱し180℃に保ちながら一時間程度、よく重合させる。
  (胡麻油は加熱する事で抗酸化作用が増す)
  重合を見極めるには、コップに入れた水に油を一滴落とし
  水面に散らずにキレイな玉になっていればOK。

2.豚脂と蜜蝋を入れる。
  (蜜蝋の融点は60℃〜70℃なのですぐ溶けます)

3.当帰を入れ(泡立つから少しずつね)
  狐色を通り越して黒くなり始めたら油からあげて熱源を切る。
  (ステンレスのザルなどに入れて揚げるといいです)

4.142℃まで温度が下がったら再び加熱。142℃を保った状態で
  紫根を入れ(泡立つから少しずつね)
  全体が浸ったらすぐ油からあげて熱源を切る。
  (※紫根に含まれるアセチルシコニンの融点は142℃です)

5.4〜5枚程かさねたガーゼで濾す。

6.放冷したらよく練って出来上がり。




って事で、おわかりでしょうか・・・
紫雲膏は決して簡単にできる代物じゃ〜ありません。
手作り紫雲膏の記事を書いていらっしゃるサイトの殆どに
簡単にできちゃいました〜♪と書かれておりますのです。
が、しかし!
油をただ熱して、生薬をただ揚げて、出来たモノをただ練れば出来るってなモンぢゃなくて
油の温度や生薬投入のタイミングなど
それぞれの材料がそれぞれのチカラを充分に発揮できる様に作らなきゃ
ただの保湿クリームでしかないわけですね。
当然の事ながら、材料の質も充分に吟味する必要があります。

今回、ワタシにしては大変に珍しい事に(みなさんこれは一大事ですよ!)
結構な時間をかけてリサーチをさせて頂きました。
専門家が発表なさった研究論文チックなモノにも目を通してみてつくづく思ったのが
「理屈を知らないって罪つくりだわ。」
お陰で脳みそが何度となく溶け出てきそうな思いも致しました。(耳の穴から)
でも、ものすんご〜く為になりました。



紫根は油で温抽出っていうのは前々から知っておりましたが
まさか142℃もの高温だとは露ほども知りませなんだ。
熱に弱いって、当帰よりは弱いっていう事だったのかよ・・・


おわり。

Comments:10

mameriso 2010/02/17 04:37 PM
はじめまして。まめりそと申します。
今までは市販の紫雲膏を使っていましたが、自分でも作れると言うことなので、検索していたところ、ヒットしました。
実はkomaruさんの所をいつも読み逃げ(komaruさんスミマセン。)していましたので、バドゥコさんのことも、ココも知っていたので、びっくりしました。
なかなか大変そうですが、バドゥン膏挑戦してみたいと思います。
参考にさせていただいてよろしいですか?

バドゥコさんの石けんレシピは、使用感も書いてあってわかりやすく大好きです。

よろしくお願いします。
コマル 2010/02/17 06:20 PM
おぉ〜!まめりそさんが仰る通り、わかりやすい!
ありがたや。
まめりそさん、はじめまして。読み逃げ歓迎です。
こうやって見てくれてる方がいると、わかるだけで励みになります。ありがとうございます。

バドちゃんの大好きな胡麻油、凄いね!石鹸ではタブーとされている高温加熱で抗酸化作用が増すとは!楽しいね〜。熱で別の成分が、ぶっ壊れても抗酸化が増すなら妥協できそうよ。
しかも大好きな紫根のアセチルシコニン話にゃ〜ワコワコした〜。漬け込みだけでは出てこなくても、胡麻油で唐揚げすれば、丸ごといただけるってわけですな。それを冷ましてオリーブ油とか入れれば、もっと遊べるしねぇ。
バドゥンコ 2010/02/18 12:26 AM
>まめりそサン

はじめまして〜いらっさいまし〜(´∀`*)
わかりやすいと仰って頂けて超ウレスイです。有頂天。。。
ワタシ自身が小難しい文章が超苦手なんで(脳みその劣化により
なるべくわかりやすく、ソーパーさんが知りたいであろう情報だけを簡潔に書くように気をつけました。
何回も全消去して書き直したんです・・・(脳みその劣化により
なのでホントにうれちー♪

バドゥン膏、ぜひトライしてみてください。。
ラードは安定性があんま良くないらしいとどっかで見たので
代わりにコクムバターを使いましたが、
入れなくても、潤肌膏(じゅんきこう)というスバラスイ軟膏となります。
ちなみに、紫根を入れず、胡麻油+当帰+黄蝋だけで作った軟膏を神効当帰膏と言います。

がむばってくださいっ!
バドゥンコ 2010/02/18 12:44 AM
師匠

ご存知のとおり、紫雲膏を作ってから石鹸を仕込むまで
紫雲油をずっと放置していた訳ですが
あっ!紫根オイルとして保存もできるんぢゃん! って事に気付いたのが
石鹸を仕込んだ昨日だという。(アフォすぎる
紫雲油、カレンデュラオイル的な使い方をしても良さげな気がしています。
マカダミアとか、アンチエイジング系のオイルをメインにレシピを組み立てて
そこに10%程度ブレンドしてやったら良さげだよなぁ・・・とか
今猛烈に妄想中なのですが
残念ながら、紫雲油は全て石鹸になってしまいましたwww

あ、そうそう。
オリーブオイルも加熱に強い油だそうですよ。
オレイン酸って熱に強いんだって。
あらまぁ、タブーと思ってたけど・・・
ん?そもそもソレってどなたが仰ってたのかすら??と考えて
ああ!とニヤニヤしちゃういぢわるバドゥンコでしたw
コマル 2010/02/18 04:35 AM
ちょっと取って置いてるんやとばっかり思ってたww
使こてしもたんかww 乙!

ニヤニヤ(・∀・)
悪い子ねぇ(・∀・)
熱に弱いのはリノール酸で、7%程でつ。
酸化しやすいんだとよ〜。
だからアレッポは、あんななのか?
2010/02/19 03:50 PM
使こてしもたでつ!w
でもゴマ油がまだたっぷり残ってるから(紫根もだ・・・)
また作れるもーん♪(来年か?)

リノール酸かぁ〜
アレッポって釜炊き法で作ってるんだよね?
せっかくCP法で作るんだし、出きるだけ酸化はさせたくないってのは本音中の本音だとしても
ワタシ的には、酸化しまくってるアレッポでもイイ石鹸だわ〜と思ったので
冒険は大いにしてみたいトコロだったりw
婆堂子 2010/02/19 05:08 PM
名前入れ忘れた ↑ 婆です
コマル 2010/02/21 04:24 AM
私もそう思います>冒険
石けんの良さをガッツリ思い知った最初がアレッポやったから、わりとアレッポびいきです。

ただいま生姜の石けんのトレース待ちです。長い。
スイートアーモンド10%も入れるんじゃなかった(´Д⊂
バドゥンコ 2010/02/21 10:32 PM
生姜の石鹸といえば、ちょっと前に
アラジャナさんで仕込んでたみたいですわよ。。
アーモンド入りなら泡立ちが気持ちE子になるのかすら♪
楽しみだわ~♪
bppyyjirbo 2017/09/13 02:02 PM
Badumade Soap - 紫雲膏
[url=http://www.gy7q3h143s74uyej1d6m3xgmb52911z8s.org/]ubppyyjirbo[/url]
<a href="http://www.gy7q3h143s74uyej1d6m3xgmb52911z8s.org/">abppyyjirbo</a>
bppyyjirbo http://www.gy7q3h143s74uyej1d6m3xgmb52911z8s.org/
Comment Form
Remember personal info

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://baduizm.moo.jp/soap/sb.cgi/146
Listed below are links to weblogs that reference
紫雲膏 from Badumade Soap
トラックバックはありません。

Home > 紫雲膏 > 紫雲膏

Search
Feeds

Badumade Soap - 手作り石鹸のススメ Topへ戻る